……どこの民族衣装だと言われると、
も う 私 に も さ っ ぱ り ……。
いや、本当は、イ、イ、イイイ
インカ帝国のアクリャのつもりで
だから背景は、マ、マ、ママママ
マチュピチュのつもりで
どこがって言わないで。言っちゃダメ。
最初、フワニータが頭にあったので
羽飾りをつけてたんですが
どうにもおめでてぇなって感じに
なってしまったのでなくしました。
ちなみに私は、下書きから画面上で書くことが多いです。
スキャナで取り込んでゴミ取るのが面倒で…。
主線ナシが多いので、かなりいいかげん。


イラストの「Wanyuymi aswan allin, qonqorchaki kausaytaqa.」は、
インカ帝国で使われていたというケチュア語の言葉です。
「ひざまずいて生きるより、立ったまま死ぬ方がいい」という意味らしい。
高度な文明を築いた、誇り高き民族性が伺える言葉ですよね。
(私は、跪いてでも生きてほしいですが)

インカ文明、マヤ文明などいまだ解明されていない謎多き古代文明は、
神秘と物語性に満ちていて大変興味深いです。
空中都市マチュピチュや、ナスカの地上絵は
死ぬ前に一度は見てみたい!!

衣装を調べていて、インカ帝国の首都だったクスコで行われる
インティライミ(太陽の祭。帝国の儀式を再現した、ペルー最大の祭り)にも
ひっじょーに興味を持ちました!つか、衣装着て参加したい!無理だけど!
行きたいところだけは無駄に増えていくなあ。

近年発見され、世界各地で公開された
生贄の少女・フワニータには
「悲しみの美少女」という副題がつけられていました。
太陽神に捧げられる人間は
太陽神に仕える修道女・アクリャのなかでも、
美しく才気煥発な少女が選ばれていたそうです。
この地の繁栄を願い、神の元へいくこと。
確かに、いまの感覚では残酷です。
けれど「悲しみ」は、彼女にふさわしい言葉なのか…。
現代に生き、信仰をもたない私には、きっと答えはでないでしょう。


+++戻る+++







SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO